介護(支援)サービスを利用するためには?

町の窓口で、申請をして「要介護(支援)認定」を受けてください。どのくらい介護や支援
が必要かなどを判断し、要介護度が決定されます。

介護が必要になったら、まず相談をして申請手続をしましょう。

■申請に必要なもの

●要介護・要支援認定申請書
●介護保険被保険者証
●健康保険被保険者証(第2号被保険者の場合)
●印鑑

■申請に行くことができない場合は

申請は本人や家族の他、成年後見人、地域包括支援センターや省令で定められた居宅介護事業所・
介護保険施設等にも、申請を代行してもらうことができます。

 

相談・申請

町の介護担当窓口へ相談します。サービスが受けられる状態かどうかの認定(要介護認定)を受けます。
原則30日以内に結果の通知がきます。

 

訪問調査

町の調査員が調査します。家庭を訪問し、心身の状態などを聞き取ります。全国共通の調査票を使用して調査します。

 

主治医意見書

本人の主治医から介護を必要とする原因疾患などについての記載を受けます。

 

審査判定

第1段階では、コンピューターを使用して、調査票を分析します。第2段階では、主治医の意見書などを参考
にしながら、保健・医療・福祉など各分野の専門家が審査員となって介護の必要度を審査・判定します。

 

認定

認定審査会の審査結果に基づいて、結果が町から通知されます。
一定期間ごとに効果を評価・プランの見直しを行います。

 

非該当

介護保険の対象にはなりませんが、介護保険以外の保健福祉サービスの利用ができます。
詳しくは相談窓口にご相談ください。

地域支援事業の介護予防サービスの利用ができます。
生活機能が低下している方や、将来的に介護が必要となる可能性が高い方(二次予防事業対象者)。

 

認定

要支援1、要支援2
・介護保険の介護予防サービスの利用ができます。

要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5
・介護保険の在宅・施設サービスの利用ができます。

 

認定結果の有効期間と更新手続き

認定の有効期限は原則として新規の場合は6か月、更新認定の場合は12か月です(月途中の申請の場合は、
その月の末日までの期間有効期間)。また、認定の効力発生日は認定申請日になります(更新認定の場合
は前回認定の有効期間満了日の翌日)。要介護・要支援認定は、有効期間前に更新手続きが必要です。更新
の申請は、要介護認定の有効期間満了の60日前から受け付けます。

 

相談窓口一覧

業務窓口

横浜町社会福祉協議会
(事務局)

居宅介護
支援事業所
なのはな苑
横浜町社会
福祉協議会
居宅介護
支援事業所
居宅介護
支援事業所
よこはま
業務内容 心配ごと相談
民生委員や学識経験者等相談員を配置し、高齢者の抱える悩みや心配事の解決に努めています。

☆毎週火曜日
 老人福祉センター
 10:00~12:00
法律相談
青森県弁護士会より派遣して頂き法律に関する無料相談を開催しています。

☆年4回
 老人福祉センター
 10:30~
(詳しい日時等について広報誌に掲載します)
介護、サービス利用等に関する相談 介護、サービス利用等に関する相談 介護、サービス利用等に関する相談
電話・FAX  TEL 0175-78-2067  TEL 0175-78-3407  TEL 0175-78-6531

 TEL 0175-76-1116

 

 介護保険業務窓口及び問合せ先

 業務窓口

 横浜町役場(0175-78-2111)

健康福祉課

 横浜町役場(0175-78-2111)

地域包括支援センター

 業務内容 介護保険サービス・介護保険料に関する相談・申請等全ての業務 高齢者の総合相談、介護予防居宅介護支援、在宅福祉に関すること
 内  線  201・214

 222・227