中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルスによる肺炎の患者が複数報告されて以来、世界各地で患者発症報告が続いています。

 

~町民の皆様へ~

 町民の皆様におかれましては、咳エチケットやこまめな手洗いの徹底など、通常の感染予防対策に努めていただくようお願いいたします。

 

1)感染経路

 現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。

(1)飛沫感染

 感染者のくしゃみや咳などの飛沫と一緒にウイルスが放出されます。別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。

(2)接触感染

 感染者がくしゃみや咳を押さえた手で周りの物に触れてウイルスが付きます。別の人がその物に触れて、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

 

2)感染予防

(1)手洗い

 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

 

(2)普段の健康管理

 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

(3)適度な湿度を保つ

 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。

 

(4)   咳エチケット

 くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。

 ・マスクを着用します。

 ・ティッシュなどで鼻と口を覆います。

 ・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。

 ・周囲の人からなるべく離れます。

 

3)もし、症状などがあった場合には・・・

 武漢市からの帰国・入国された方または接触した可能性のある方で、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどの咳エチケットを実施の上、速やかに最寄りの保健所までご連絡ください。その際、武漢市に滞在していたことを申告するようにしてください。

 

4)相談窓口

・上十三保健所      (TEL 0176-23-4261) 

  ※保健所内に「帰国者・接触者相談センター」を設置しました。

 下記のⅠおよびⅡに該当する者は医療機関を受診する前に、「帰国者・接触者相談センター」へ電話でお問合せください。

  Ⅰ発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状を有している

  Ⅱ発症から2週間以内に、以下の(ア)、(イ)の曝露歴のいずれかを満たす

   (ア)武漢市を含む湖北省への渡航歴がある

   (イ)「武漢市を含む湖北省への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある

   

・厚生労働省 電話相談窓口(TEL 03-3595‐2285) 受付時間:9時00分~21時00分まで

 

5)関連情報

・新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸ホームページ)

・厚生労働省 電話相談窓口