中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルスによる肺炎の患者が複数報告されて以来、世界各地で患者発症報告が続いています。

 国内においては、新型コロナウイルスに関連した感染が、散発敵に小規模に複数の患者が発生している例がみられます。

 集団感染の共通点は、特に「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」ですのでご注意ください。

 詳しくは、 「新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(厚生労働省)」をご覧ください。

 

【注意喚起】新型コロナウイルス関連のデマや噂にご注意ください

・新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、様々な情報がインターネットやSNS等で流れておりますが、その中には事実と異なる情報が混ざっています。町民のみなさまにおかれましては、国や県、町が発信する正確な情報に基づき、冷静な対応を心がけ、根拠のない情報に惑わされることのないようにご注意ください。

 

~町民の皆様へ~

 町民の皆様におかれましては、咳エチケットやこまめな手洗いの徹底など、通常の感染予防対策に努めていただくようお願いいたします。

 

1)感染経路

 現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。

(1)飛沫感染

 感染者のくしゃみや咳などの飛沫と一緒にウイルスが放出されます。別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。

(2)接触感染

 感染者がくしゃみや咳を押さえた手で周りの物に触れてウイルスが付きます。別の人がその物に触れて、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

 

2)感染予防

(1)手洗い

 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

 

(2)普段の健康管理

 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

 

(3)適度な湿度を保つ

 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。

 

(4)   咳エチケット

 くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。

 ・マスクを着用します。

 ・ティッシュなどで鼻と口を覆います。

 ・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。

 ・周囲の人からなるべく離れます。

 

3)相談窓口

  「帰国者・接触者相談センター」

  ・上十三保健所  (TEL 0176-22-3510 

 

 帰国者・接触者相談センターは、感染が疑われる方について、医療機関の紹介等をお伝えし受診調整を行います。

 次のような症状がある場合には、医療機関を受診する前に、まずは各保健所に設置している帰国者・相談センターへご連絡ください。

  ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

  ・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

   (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

  ・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

   (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。

    解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

  (妊婦の方へ)

   ・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。

  

  ※詳しくは、「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省)」をご覧ください。

 

 ②新型コロナウイルス感染症の特徴や予防法、一般の相談や問い合わせに関して

・新型コロナウイルス感染症コールセンター(青森県庁) (TEL 0120-123-801 フリーダイヤル)

  24時間対応(土日祝日含)

・横浜町保健センター 健康みらい課  (TEL 0175-73-7733) 平日 8時15分~17時  

 

 

4)関連情報

・新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸ホームページ)

・厚生労働省 電話相談窓口

・厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A

・経済産業省の支援策